【男性必見!】婚活中のメールを甘くみるな!デートに繋げるテクニックはXX!

「婚活中のメールのやりとりが苦手」「僕の書き方が悪いのか、相手を怒らせてしまったり… 正直どうしたらいいのか分かりません」

最近の婚活は、メールなどのやりとりをしてから、デートに繋がることが多いですよね?ですから、メール下手の男性は、今の時代とても不利!これがうまく出来ないと、初デートに繋げることができません。

 
幸太
でも僕はメールやラインのやり取りが苦手なんです。特に女性相手だと、どうしていいのかわからない…

今回は、「婚活中の、上手なメールの送り方」について解説します。ご紹介するテクニックは、リアルでも簡単に使えますので、ぜひ参考にして下さい!

婚活中のメールを甘くみるな!

男性は、婚活中のメールのやり取りを、甘く見てはいけません。婚活中に限らず、女性は好きな男性からのメールには、敏感に反応するものです。「今日の口調はちょっと冷たい」「なかなか返事が来ない」など、男性が??と思うようなことで、悲しんだり怒ったりするのです。

10・20代の若い男性にとっては、こんなやり取りは朝飯前。ですが、40代以上の男性には、なかなか難しいですよね?

でも今の時代、メールのやり取りが上手に出来ない男性は、婚活市場では不利になってしまいます。なぜなら、婚活サービスを利用した場合、初めてのデートに繋げるまでに、平均1月ほどのメールのやり取り期間があるからです。

 
幸太
僕のようなメールが苦手な人は、一体どうすればいいんでしょう?

実際にメールに書く内容は、教科書通りにはいきません。こればかりは、お相手とのやり取り次第ですから、「誠実・共感・思いやりを意識する」としかアドバイスはできません。

しかし、メールを送る頻度や口調、絵文字の使い方などは、ある程度テクニックが使える。そして、これを上手く利用すれば、お相手との仲を深めることが出来るのです。

では、メールが苦手な男性が簡単に使えるテクニックを見ていきましょう!

メールはXXを意識してデートに繋げる

あなたはラポール(rapport)という言葉を聞いたことがありますか?ラポールとは、相手との「信頼関係」「共感」「親密な関係」などを意味します。

婚活では、お相手とのラポールを築くのがとても大切です。マッチングなどで知り合った男性に対して、ある程度ラポール(信頼)を感じることが出来なければ、女性はデートをしたいとは思わないでしょう。

だとすると、メールでどのように、お相手とのラポールを築くのか?

相手と信頼関係を築くには、「マッチング」というテクニックが効果的だと言われています。これは、「心を開いて欲しい」「信頼して欲しい」と思う相手と同じような行動を取ることで、相手もだんだんと自分に「共感・同調」してくるという考え方です。

通常、このテクニックは相手の行動を真似ることで共感を得るやり方ですが、メールやラインをする場合にも使えます。

メールを送る頻度

メールを送る頻度や返信の速さは、男女の間で差がありますよね?男性が「今は忙しいからあとで返信しよう」と思っていると、女性の方は「なんで無視するの?」と怒ったりする。

ぜひともデートに繋げたい!と思うお相手には、最初はある程度ペースを合わせましょう。例えば、お相手が3日に一度くらいメールを送ってくるならば、前回のメールから3日ほど経った時点で、こちらから様子伺いのメールを送ってみる。そして、お相手からの返事は、あなたがメールを送ってから2〜3時間以内にくることが多いのであれば、自分も同じようなペースで返信をする。

もし仕事で立て込んでいて、返信が出来ないようであれば、「今仕事で立て込んでいるので、あとで必ず返信します!ごめんなさい!」の短いメールを入れる。

面倒なようでも、これができるかどうかで、女性との信頼関係を築く上での大きな違いが出ててくるのです。

メールの文面

メールの文面も、相手に合わせるのがおすすめです。

もし「OOさんへ」とメールが来たら、自分も同じように相手に呼びかける。短めのメールを送る女性だったら、自分もだらだらとは書かない。仕事の報告なども書かれているメールだったら、自分もせめて「今日は営業の1日でしたが、思った以上の成果が出せました!」など、一文でいいから付け加える。

メールの口調は、相手に合わせた方が良いものの、あまりに自分のキャラとかけ離れた口調は違和感が出てしまいます。その辺りは、大人世代ですし、自分らしさを保っても良いでしょう。

そして、相手が絵文字を使う女性だったら、自分も一つ二つは入れてみる。気をつけなくてはいけないのは、相手が絵文字を使わない時です。そのようなお相手に、こっちが絵文字だらけのメールを送ると引かれてしまいますから、気をつけて下さいね!

メールでデートに誘うのはいつ頃?

では、実際にお相手とラポールが築けた場合、いつ頃デートに誘えばいいのか?

メールのコンタクトを始めてから初デートまでは、ひと月が平均と言われています。ですから、やり取りスタートから2〜3週間ほど経ったあたりで、デートに繋げる会話を仕掛けていきましょう。

メールでやり取りを続けていれば、趣味や生活の話が頻繁に出てきますよね?相手の趣味によって「最近面白そうな映画は、どんなものがありますか?」「食事は和食派ですか?洋食派ですか?」など、会話の流れに合わせて質問して下さい。そこでお相手が「OOっていう映画が面白そうですよね」と言ったら、すかさず「僕もそれ見たいと思っていたんです。もしよろしかったら、ご一緒しませんか?」と切り出してしまえばいいのです。

わざとらしいと思われても構いません。女性からすると「どこか行きませんか?」という誘われかたよりも、このような具体的な誘いの方が「YES」が言いやすいですし、グッとくるものです。

まとめ:メールを制するものは婚活を制する!

以上、「婚活中の上手なメールのやり取り」について解説しました。

中高年の男性にとっては、メールのやり取りは面倒なもの。でも「マッチング」のテクニックを利用して、お相手とのラポール(信頼関係)を築ければ、必ず初デートに繋がります。

婚活中の男性は、今すぐにアウトプットして、素敵な女性との信頼関係を築いていって下さいね!

関連記事

 幸子 気がついたら40代半ば。やっぱり1人じゃ寂しいから、本気で婚活を始めたい!   幸太 50代の僕が利用して、理想の女性に出会える結婚相談所はどれだろう? 婚活サービスの中でも一番成婚率が高い「結婚相[…]

関連記事

 幸子 アラフィフの私が出会える婚活アプリが知りたい!   幸太 バツイチ&50代の僕におすすめの婚活サイトはありますか? 自宅からお手頃な値段でスタートできるネット婚活。婚活アプリやサイトは若い世代が利用[…]

関連記事

 幸子 婚活パーティーに参加してみたいけれど、申し込む勇気が出ない...初めてでも大丈夫かしら?   幸太 僕の年齢でも、参加できるパーティーはあるのかな? 最近よく聞く「婚活パーティー」。気軽に参加できる[…]